Biscuit room since 04'

思いついたことを書きます

②海と空と海ガメとヤシガニとソウルメイトと相棒と

到着した波照間島は、
めちゃくちゃ静かで海がスケスケのブルーーー
空と同じ色してました
今回泊まる宿、ペンション最南端まで送迎してもらいます
 

f:id:biscuitroom:20170819092436j:plain

 
チェックインして
恒例の荷物おっぴろげして
いざ海へ!!
シュノーケル一式を借りようと、おっちゃんに話しかける
「もう返却の時間だから貸したくない」
と言われました
その時すでに17:15
返却時間は17時
作戦変更して、
うちら「シュノーケルのマスク売ってますか?」
おっちゃん「売ってるけど、おれは売りたくない」
はい、ガビーン!
この旅既に2回目のガビーン
なんだかんだで、結局貸してくれました笑
ええ人や
 

f:id:biscuitroom:20170819092548j:plain

 
暗くなるまであまり時間はないけど泳ぎました
プカプカ浮きながらシュノーケリング
透き通ってて
綺麗すぎて
とにかく感動です
波の音と子どもの笑い声しか聞こえへん
知ってる言葉少なすぎてうまく表現できひん
 

f:id:biscuitroom:20170819092950j:plain

 
この後更に感動する出来事が…
 
ゴツゴツした岩みたいな塊があるなぁと思って近付いたら
その岩が少し動きました
 
え…?
 
 
ん?
 
 
う、う、ウミガメやぁー!!!!!!
 

f:id:biscuitroom:20170819092731j:plain

 
 
ヒョエーーー!!!
 
ってなって笑
 
 
その時まだ海に携帯を持って入ってなかったので
相棒(運動嫌い)が
「ちょ!見張っといてな!」と言い残して
陸まで携帯取りにバタ足鬼ダッシュ
お言葉に甘えて、
優雅に海ガメを追いかけさせてもらいました
ニモでいうクラッシュやーん
 
もう感激でした
はしゃぐと他のお客さん寄ってくるから
自分たちだけで楽しみたいと思い
溢れる気持ちを押し殺して
静かにプ〜カプ〜カ
(自分の気持ちに蓋をするの得意で良かった笑♪)
私たちただでさえ声がでかくてうるさいので
黙ることは至難の技
 
戻ってきた相棒は見たことないぐらい息切れしてたけど
人間なんでもできるんやなーと
改めて実感しました。
 

f:id:biscuitroom:20170819092826j:plain

 
近くにいた地元のおにーさんが
「こっちにも海ガメいますよー」
と結構デカめの声で教えてくれました。
(おい!静かに!)と心の中で思いながら
しおらしい女子のふりして、見に行きました。
 
なんということでしょう!
海ガメが海底の草をむしゃむしゃ食べてました
 

f:id:biscuitroom:20170819092911j:plain

 
はぁー( ´ ▽ ` )
想定外の出来事はなんでこんなに嬉しいんやろ
 
午前の船に乗れてて、15:30の船に乗ってなかったら…
おっちゃんがシュノーケル貸してくれてなかったら…
遅いから泳ぐのやめてたら…
色んな偶然が重なってなかったら
海ガメは見れてなかったかもしれません。
私たち動物好きなので
めちゃくちゃテンション上がった瞬間でした
 
胸いっぱいでペンションに戻り
ひとっぷろあびて晩ご飯です。
島の食材を使ったチャンプルーやらシリシリやら
この食事が5日間で一番美味しかったです
 

f:id:biscuitroom:20170819093042j:plain

 
 
なんだかんだ初日に、この旅一番がいくつもありました。
中学の頃から変わらない、
食べるの早くて
食べる量が凄まじい私たちは
他のお客さんよりもおかわりして笑
他のお客さんよりも早く食べ終わりました笑
 
夜は波照間島のメインイベント、
星空を見に行こうと決めていました。
星空観測タワーまで自転車でいきます。
 
ペンションの人が
迷わず、早くて30分で着く
暗いしアップダウンがあるから、あんまりおすすめしない
ペンションの屋上から十分見れますよ
と言ってくれましたが…
 
暗天決行ですよね
 
簡易的な地図をもらって19時半出発
星空は、月が出ない20〜22時がピーク!
20時着を目指します。
 
漕ぎ始めてビックリ
当たり前ですが街灯がない
信号がない
経験したことのない暗闇笑!
道の両脇にはサトウキビ
ナチュラルハイになって
誰もいないあぜ道を熱唱しながらサイクリング!!
腹から声出しても誰にも怒られないって素敵笑!
 
ずっと緩やかな上り坂が続きます
有酸素運動!!と思ってアゲポヨで漕いでましたが
相棒は弱音吐きまくりでした笑
「絶対ペンション帰ったらシャワー浴びてすぐ寝たんねん!」って言いながら笑
 
後々、やっぱり人の発言に絶対ってないし、気持ちは変わりやすいなぁと
思うことになります。
橋下前大阪市長だって
政治に進むことは2万%ないって言った後に
大阪府知事になったしね
私の気持ちも変わるのかなぁ…
 
話がそれました
 
たしかに服しぼれるほど汗かいて
チャリ漕いで足パンパンなったら辛いですよね…
しかし適当に励ましながらスルーして笑
 
観測タワーへの道すがら
自分のライトを消して上を見たら
図鑑でしか見たことないような星空が広がってました
涙が出ました!
天の川ってこんなんなんや…
流れ星が数えきれないほど流れてるし
写真に収めて大阪のみんなに見せたいよ…
もちろん写真には写らないので
心のアルバムに刻みます
 
ネットから拝借します
文字で伝えきれない!
 
f:id:biscuitroom:20170819131238j:plain 
 
 
途中道間違えたり
息きれて自転車降りて押したりして
観測タワーに着いたのは20時半過ぎてました
1時間以上かかりましたけど?
 
同じ道を帰るのかと思うとゾッとします笑
日本最南端の証を発行してもらってソッコー帰ります
 

f:id:biscuitroom:20170819093329j:plain

 
 
最南端の自販機でアクエリを一気飲み
ここまでこなくても
道の途中で感動の景色はずっと広がっていましたが
まぁ最終目標やったし来て良かったかな笑
 
もはや暗過ぎて道なんて見えません
目印とか全然わからん
帰り道に黒い塊が2個落ちてました。
まず1つ目
超特大のゴキのブリの集団が
何かを捕食している…
これはグロテスク過ぎて叫んで通り過ぎました
 
2つ目はヤシガニ!!
カラーに青が入ってる!
こんなん道におんねや!!
 

f:id:biscuitroom:20170819093405j:plain

 
帰りは40分で到着しました。
チョトマテチョトマテおにーすわぁーん
30分で着くて言うたやーん
ラッスンゴレライ
 
ペンションに着くと、食堂で地元の人達が
酒盛りしていました
ヘットヘトでベットベトの私たち
相棒がこれをスルーするはずがなく
(無類の男好き→オッさん限定)
星空見てあんな文句言ってたのに
すっかり元気になって
部屋に戻る気配もなく喋り始めました笑
 

f:id:biscuitroom:20170819093452j:plain

 
人の気持ちは変わりやすいと改めて実感、
と同時にやっぱり人は、
疲れたから寝なアカんって自分で思い込んでるだけなんかなぁと思いました。
 
この飲みの席で不思議な体験をしました。
 
私が食堂に入った瞬間、
男の子が走ってきて腕を引っ張られました
初対面やのにえらい人懐っこい子やなぁと思ってたら
「あやちゃん」と名前を呼ばれました
 
え?
 
なんで知ってるの?
 
初めまして、やんな?
 
波照間島来たん初めてやし…
コワッと思って鳥肌ボッてなって
その子のお母さんを探します
 
お母さんに事情を説明したら、本人に問いただしてくれました。
隣にいたジィジも一緒に不思議がってくれました
男の子はスグルくん、3歳です
「スグル、なんであやちゃんの名前知ってるの?誰に教えてもらったの?」
「…スグル知ってるの!」
何回も聞いてみたけど、結局謎のままでした
 
 
そしてスグルくんは私にだけ異様に懐きました
ヤモリ見に行こうと手を引いて、私を外に出します
屋上まで引っ張られて、抱っこ!と言ってきます
食堂に戻っても膝の上に座ってくるし
持ってたチェキで一緒に写真を撮りました。
 
相棒(スピリチュアルかじってる)は、ソウルメイトってやつちゃう?と言ってました
そんなんほんとにあるの?
君の前前前世からぼくは君を探し始めたよ的な?
 
おじさんたちと一口もお酒を交わすことなく
相棒がおじさんの足を揉んで4000円稼いでる時も
私はスグル専属のホステスでした笑
知らんおっさんの足は揉みたないけど4000円羨ましー笑
って思いながら、可愛い男の子から
ツーショットチェキもらったからいっか♪
 

f:id:biscuitroom:20170819120928j:plain

 
 
部屋に戻ったのは24時でした
明日から毎日海なのに体酷使笑!
弾丸でシャワー浴びて、倒れるように寝ました
 
 
続く
 
 
 
 
 
 
 

 

 
Thank you...