Biscuit room since 04'

思いついたことを書きます

日曜日に思う

私の苦手なことは
人に自分の気持ちを伝えることです。



幼なじみの友達が、
こじれた友人関係の悩みを相談してきたことがことの始まりでした。
幼なじみの子は、自分の思ってることを素直に、正直に相手に伝えたことで、相手が気分を悪くし、LINEを返してくれなくなったそう。

話を聞いていると、幼なじみの配慮が少し足りないんじゃないかな…
と思ったのでそれを本人に言うと、返ってきた返事がこうでした。


☆相手に気を遣うのも遣わせるのも嫌やから
いつも本音で話したかった。
自分が無意識で言ったこと、本音で話すことが悪いと思ってないから、怒られたり注意されたりするのはつらい。
そんな自分を否定されるなら、寂しいけど友情はここまでかな、と。


20年以上の付き合いでも理解してないことがあるんやなぁと思い、
友達との関係よりも、自分の考えを優先する幼なじみに驚きました。。


今はそれが正しいのか
間違ってるのかは問題ではなくて
彼女の考えを聞いて感じたこと、思ったことを
私の言葉で素直に伝えようと思いました。


☆私は何でもかんでも人の為にしようって思う。
人の為に動くことはつらくないし、相手が喜んでくれるなら心から嬉しい。
もちろん建前の時もある。
八方美人してるつもりも、みんなに好かれようと良い子ぶってるわけでもないけど笑

気付けば色んな人から遊びやご飯に誘ってもらって、毎日忙しく過ごして
毎日楽しくて仕方がなくて
自分て充実してるなぁと自惚れてた。
でもいつもどこか心に穴が開いてるような気がしていて
何でそう思うのかなぁと考えたときに
私は人に本音で接してないからやなぁと気付いた。

それを私の大好きな人が教えてくれて、彼は私にこう言った。
「あなたはいつも周りに人がいて、心から楽しそう。
やけどいつもどこか心ここにあらずで、自分の気持ちはどこにあるの?
怒りたい時は怒っていいし、弱音も吐いて良いねんから、ぜんぶ本気でさらけ出してって。」って。

傷付くのも傷付けるのも嫌やけど 
相手の気持ちを考えながら、でも自分の気持ちを正直に伝えていかなあかんなって思った。


自分の言葉で伝えました。
彼女は泣いていました。
「20年ずっと一緒にいて気を遣わせて、気持ちに気付かなくてごめんね。
そんなあなたの気持ちに気付いて、伝えてくれる人に出会って、私に素直な思いを言ってくれて嬉しい」
と言ってくれました。

私も泣きました笑
初めて自分の気持ちを、自分の意思で人に伝えた瞬間でした。

言葉を文章にすることは
こんなに簡単やのに、
口にすることはなんて難しいんや…
と27歳の終わりに思いました。

と同時に、周りの人が簡単にやることを
私は出来てないんやなと少しショックも受けました笑


ちょうどその時、
心が叫びたがってるんだがテレビでやってて
イムリーすぎて笑
自分と重ねて見てしまって笑
えらい胸に刺さりました

私の心に残る映画の1つになりました。



Thank you...