Biscuit room since 04'

思いついたことを書きます

少し長くなります

バレーのネット設営中〜

f:id:biscuitroom:20170809214829j:plain



ここ1カ月ぐらい、毎日自分と向き合ってます
自己分析なんてしたことなかったので
戸惑いの毎日です。

私は何で人に本音を話されへんねやろ
いつからねこかぶるようになってしまったんやろ
って考えて
ゆっくり時間を巻き戻します。

就職して転勤で引越ししまくってた頃、
前の彼は無職でした。
結婚願望はすごく強い人で
理想の家庭像をいつも語っていました。

何社も面接に落ちていたので
働かないのか問い詰めることは
彼を傷付けてしまうと思い、
あまり強く言いませんでした。

私も彼と結婚するつもりでいたので
何も出来ない自分を変えようとしていました。
一人暮らしをして、
社会に揉まれて、
心と体を強くしようと思い、
選んだ会社でした。

半年が経ち、1年が経ち、
彼は無職のままでした。

私は段々忙しくなり、連絡がつきづらく、
あまり実家に帰れないような状況になっていました。
彼はそんな私の姿を見て
会社を悪く言うようになりました。

奥さんになるために
弱い自分を変えたいから…
などの重い言葉を
無職の人に言えるはずもありません。

会社では得たものしかないし
入ったことに後悔はしてないと伝えると、
早く辞めて大阪に戻ってきてほしいと言われました。
素直な気持ちが伝わらなかったことに
とても傷付き、腹が立ちました。

2人で会うときは
しんどいとか眠いとか
絶対に言わないようにしました。
次いつ会えるかわからないし
些細な一言で一瞬で崩壊しそうな気がしたからです。
どんなに寝不足で体調が悪くても
明るく振る舞うよう努めました。

ネガティブな発言とマイナスな思い
感じてはいけないし
晒してはいけない。
(この時に身についたことが、
弱音を吐けない今の私になっているようです)

その頃から、
あぁ私なんで一人だけこんながむしゃらなんやろ…って
考えるようになりました。

言葉で伝わらないなら
態度で示そうと思い…

給与明細や通帳の貯金額を見せつけて
遊びに行く時は家まで彼を迎えに行って…
今思えばどっちが彼氏かわかりません笑
プライドを傷付けたら
火がついて職探しに本気になるかなと
勝手に思ったのです。
とてもひどいことをしました。
いまでも思い出すと自分の胸が痛みます。

それでも彼の環境は変わりませんでした。
口数はそんなに多くなくて、
穏やかで大人しい人だったので
私がひどいことをしても
すごいなぁー
いつも来てくれてありがとう
そんな言葉ばかりで、
拍子抜けしたことを覚えています。

別れることを考え始めたのもこの頃です。
嫌われようと、色んなことを試しました。
ずっとLINEの返事を返さなかったり
電話に出なかったり
一緒にいる時に、
彼のわからない仕事の話をしたり
同期の男の子の話をしたり…

それでも彼は怒りませんでした。
その時は、ただただ優しい人で
私を気遣って応援してくれてるのかなぁと
都合良く解釈しました。

フラれるほうが楽だと思ってやった数々の行動は
自分が疲れるだけでした。
思ってることとは正反対の行動をするわけで
やりたくないことを無理してやって
想像通りの結果にならなくて
自分のことがどんどん嫌いになりました。

入社1年半が経ち、退職しました。
彼と結婚するためではなく、転職のためです。
退職と同時に彼との別れを決意しました。

その時に本当の気持ちを言いました。
「私は将来のことを考えて働いて貯金もしてきたけど、全然伝わらなかったし、意味がなかった。私だけが必死になってました。あなたといても幸せになれません。
だから別れてください。」
あなたのせい、
のような言い方をしてしまいました。


彼が怒ったところはこの時初めて見たのですが、、
「俺の気持ちはどうなるん?
中2の時からずっと好きやったし、
誕生日プレゼント毎回あげてたし、
忙しそうやから連絡すんのずっと我慢してたし、
いつも遠いのに電車でわざわざ会いに行ったやん。
だいたいいつも車で迎えに来て
なんて言ってないのに何で勝手に来るん。
給与明細見せてきたときも殴りたいって思った。」

衝撃でした。
私の悪口が止まりませんでした。
もう私のことを思ってないのは
ずいぶん前から気付いていましたが、
彼だけが気付いていませんでした。

何を言っても通じなくて、
俺は好きやのに、
こんなに色々してあげたのに
こんなにいっぱい我慢したのに
あの時のあれは腹が立った、
そんな話がずっと続きました。

私のことが嫌いって
どうして気付かないんだろうと思って
殴られる覚悟で自分から言いました。

「私はもう好きじゃないから別れたい」

彼と出会ってちょうど10年
付き合って5年半が経っていました。
彼は「むだにしたわ」って言いました。




私が本音を言ったことで
相手が不快な思いをすることと
自分が深く傷付くことを知りました。

本当の気持ちを他人に伝えることによって
悔しさと悲しさと苦しさしか生まないなら
もう誰にも心を開かなければいい、
と心に決めました
誰にも依存しない、
誰も選ばないでおこう。

その結果
誰にも本心を見抜かれることなく
ここまできました。
彼と別れてもうすぐ4年です

気付けば私は、心に重ーい蓋をしたまま
自分の本心を隠して生きるようになっていました。
しかも無意識で。
4年も…もっと前からかも。

何も感じることのなかった気持ちが
普通の人間みたいに揺れ動き始め、
昔の恋愛まで遡りました。

ロボットみたいになった心の原因が
見つかったような気がします。
答えは全部過去の日記に書いてました。
日記だけが私の本音を知っていました

原因がわかれば
これからどうしたら良いか考えればいいだけ
本音を言えないのは
自分が傷付きたくないから

本音を言うことが
相手を傷付けると思ってたのは間違いでした。
ただ自分が傷付くのが怖いだけでした。
本音を言わないと一緒にいる人が苦しむ…

自分の本当の気持ちを
相手に言えるようにならないと。
その時に感じたことを流さず
いちいち自分の気持ちを確認しないと
そして相手に伝えよう

今日はそう決意しました。
プールで泳いできます。




暑さかアツさか!

バスケ部の試合を見に行きました。

というのも、
母が勤める中学校の男子バスケ部が
次勝ったら全国大会出場という段階だったのです、
おばさんを会場まで運ぶ足を兼ねて
京都まで試合観戦してきました。

さすが近畿大会!
強いとこの試合は面白い…

相手チームに204センチのコンゴ人がいて
その子がボール触るたびに拍手喝采でした
コンゴの食生活であんな大きくなるの?
それか日本食でそんな成長するの?
15歳で204センチはすごいです…

ルールをちゃんと知らなかったけど
みてたらわかってきて
段々おもしろくなってきました。

1試合目は28点差でコンゴ人のチームに負けました
2試合目は勝ちましたが、全国大会出場は叶いませんでした。

暑さと興奮でテンション上がって
近畿大会の記念Tシャツ買ってしまった♪

f:id:biscuitroom:20170809083650j:plain








火曜日にも思う

毎日2キロ以上泳いでいます
私は何を目指してるんやろ…笑

友達にご飯行こって誘われても断ってジム
雨降ってたら車でジム
残業せずにダッシュでジム

どうしちゃったんやろワタシ…笑

毎日プール行くわけで
ということは、帰ったら絶対洗濯しないと
明日着る水着がない
ウトウトしながら洗濯終わるのを待ちます
プールの神様に取り憑かれた私を
家族は気持ち悪がってます
フラフラになりながら干して
倒れるように寝ます

それにしてもお腹の空き方がハンパじゃないです
高校球児の様な食欲に溢れて
乳児のような睡魔に襲われて
日々を生きてます



私は人間的に未熟すぎます

誰かと一緒にいるとき、(友達、先輩、後輩、誰でも)
眠たい、しんどい、疲れた、忙しいなど…
ネガティブな言葉は絶対に言ってはいけない思って生きてきました。

自分は弱音や愚痴を吐いてはいけない人間で
弱っているところや
悲しんでるところを
他人に見せたらあかんって
思い込んでいました。
女の子っぽく振舞ってはいけない
強くならな…っていう思いも強いです。

(いつからこうなってしまったのか、何がきっかけで自己暗示にかかってしまったのかは、次のステップで考えることにします。)

弱いくせに強がって大人になりました。
気付けば、ツラいとか苦しいとか、悲しい、寂しいなど、そんな気持ちがわからなくなりました。
感じる気持ちは、楽しいと嬉しいだけです。
マイナスな感情を持たない幸せな人間と思われるかもしれませんが
どこかずっと心は満たされませんでした。

満たされないというのは例えば
周りが爆笑している時に、何が面白いのかな?って思ったり…
誰かと一緒にいる時にふと、私はなんでここにおるんやろって思ったり…

そんな心ここにあらずの状態でいることは、
他人に見抜かれることはありませんでした。
もちろん、自分でも見て見ぬふりをして
自分の気持ちに重い蓋をしていました。

人から言われる言葉は
いつも楽しそうやね
いつも元気やね
ばっかりです。

そんなことはないのに、私が隠すから
誰にも気付かれないのです。
私だって面白くない時もあるし、
泣きたいぐらい悔しい時もあれば、
風邪ひいてしんどい時もあります。
でもそれは人に見抜かれてはいけないんです。

どうして本心を隠すのか
なにから逃げているのか
自分でもわかりません。
答え見つけるのにもう少し時間がかかりそうです。

そんな時に突然
あなたの気持ちはどこにあるの?
今までどうやって生きてきたの?
と質問されました。
私は答えられませんでした

人と争うことを恐れてるのかなと思ったけど
Noと言えないわけではないし、
人に嫌われることが怖いのかなと思ったけど
誰かに依存してるわけでもない。
私の気持ちは探しても見つかりませんでした。
 
常に自分は後回しで
どうなってもいいって思ってて
誰かのために動くことが普通のことなんですが
それが当たり前になってしまって
自分の気持ちを見失いました

私に質問してきた人は
今どういう気持ちなの?
また我慢してるの?
と、ことあるごとに聞いてくれる人でした。
そのおかげで、自分の気持ちに向き合うことが増えてきました。
今もそうです。
どうして私が本心で話してないことがバレてるんでしょうか
今まで誰も気付く人はいなかったのに

そしてそして
その人に言われるささいな一言で
いちいち嬉しくなったり
すごく悲しくなったり
1カ月で、感じたことのない感情の浮き沈みを経験しました。

君が魅力的すぎて
の一言で普通は嬉しくなるはずやのに、
私は真逆でどんどん苦しくなっていったのです。

自分の未熟さに気付いてしまった今
私にこの人はもったいなすぎる、と思うのです。
地位も名誉もお金も根性もない私の
どこが魅力的なんやろうって。
こんな卑屈になって、
劣等感を感じるのも初めてです

強がって大人になった私は
一気に押し寄せてくる
いろんな感情の波を
受け止めることが出来ませんでした。
自分の気持ちが怖いです。
失った時にどれぐらい傷付くのか考えると
最初から心を開かなければ良かったと思うのです

私は無意識のうちに
自分が傷付かないように、
誰も信じず
勝手に予防線を張って生きていました。

人生において、こんなに自分と向き合うのは初めてです。
自分の感情に振り回されるのも初めてです。
感じたことのない痛みや喜びに
私の未熟な心は耐えきれず
つらいことが逃げようとします
私の悪いクセです。

今、自分の気持ちを一個一個受け止めて
全て私の感情なんやなって認めないと
私は変われないし、成長できない気がします。
なんでこんなに出来ないことが多いんやろう…笑

今まで何してたんやろって
つぶやいたら、
27で気付いて良かったやん
と言われました。
くれる言葉が全て胸にささります。
もう少し自分に自信をつけて
大好きな気持ちを
いつか自分から伝えたいと思います


おわり

















日曜日に思う

私の苦手なことは
人に自分の気持ちを伝えることです。



幼なじみの友達が、
こじれた友人関係の悩みを相談してきたことがことの始まりでした。
幼なじみの子は、自分の思ってることを素直に、正直に相手に伝えたことで、相手が気分を悪くし、LINEを返してくれなくなったそう。

話を聞いていると、幼なじみの配慮が少し足りないんじゃないかな…
と思ったのでそれを本人に言うと、返ってきた返事がこうでした。


☆相手に気を遣うのも遣わせるのも嫌やから
いつも本音で話したかった。
自分が無意識で言ったこと、本音で話すことが悪いと思ってないから、怒られたり注意されたりするのはつらい。
そんな自分を否定されるなら、寂しいけど友情はここまでかな、と。


20年以上の付き合いでも理解してないことがあるんやなぁと思い、
友達との関係よりも、自分の考えを優先する幼なじみに驚きました。。


今はそれが正しいのか
間違ってるのかは問題ではなくて
彼女の考えを聞いて感じたこと、思ったことを
私の言葉で素直に伝えようと思いました。


☆私は何でもかんでも人の為にしようって思う。
人の為に動くことはつらくないし、相手が喜んでくれるなら心から嬉しい。
もちろん建前の時もある。
八方美人してるつもりも、みんなに好かれようと良い子ぶってるわけでもないけど笑

気付けば色んな人から遊びやご飯に誘ってもらって、毎日忙しく過ごして
毎日楽しくて仕方がなくて
自分て充実してるなぁと自惚れてた。
でもいつもどこか心に穴が開いてるような気がしていて
何でそう思うのかなぁと考えたときに
私は人に本音で接してないからやなぁと気付いた。

それを私の大好きな人が教えてくれて、彼は私にこう言った。
「あなたはいつも周りに人がいて、心から楽しそう。
やけどいつもどこか心ここにあらずで、自分の気持ちはどこにあるの?
怒りたい時は怒っていいし、弱音も吐いて良いねんから、ぜんぶ本気でさらけ出してって。」って。

傷付くのも傷付けるのも嫌やけど 
相手の気持ちを考えながら、でも自分の気持ちを正直に伝えていかなあかんなって思った。


自分の言葉で伝えました。
彼女は泣いていました。
「20年ずっと一緒にいて気を遣わせて、気持ちに気付かなくてごめんね。
そんなあなたの気持ちに気付いて、伝えてくれる人に出会って、私に素直な思いを言ってくれて嬉しい」
と言ってくれました。

私も泣きました笑
初めて自分の気持ちを、自分の意思で人に伝えた瞬間でした。

言葉を文章にすることは
こんなに簡単やのに、
口にすることはなんて難しいんや…
と27歳の終わりに思いました。

と同時に、周りの人が簡単にやることを
私は出来てないんやなと少しショックも受けました笑


ちょうどその時、
心が叫びたがってるんだがテレビでやってて
イムリーすぎて笑
自分と重ねて見てしまって笑
えらい胸に刺さりました

私の心に残る映画の1つになりました。



水泳にハマる

平日は仕事帰りに約1時間泳ぎます
昨日は2キロ

曜日や時間帯によって、プールが空いてたら一気に距離稼げます
昨日は私が泳ぐレーンに自分しかいなくて、
自分のペースで泳ぎ続けることが出来ました

30分ノンストップで1キロやったから…
100が3分やから…
25が45秒…

おっそぉー

フォームとかぐちゃぐちゃやろなー
って思いながら、距離稼ぐことだけを考えて泳ぎました。
なんでこんな水泳ハマってんねやろな…
でも泳いでて、(まだいける!)って思ったら
アドレナリンが出て、もっと距離伸ばしたくなる

長距離泳いでも、息は切れるけど
腕も足もそんなに疲れないのはなんでやろう

短距離本気で泳いでも、タイムが一向に早くならないのはなんでやろう笑


進むスピード遅いんやろなぁ
スクール通いたいけど、時間が合わなくて
youtubeで自習中

この夏は自分の限界に挑戦や!





真夏のハイキングin 生駒

気温35度、快晴

14:00新石切到着。

ハイキング開始です。


神社でみなさんお参り中

f:id:biscuitroom:20170723174845j:plain


朝から行けよって話ですが、なんだかんだダラダラしてたら一番太陽が高い時間になってしまいました

大量の水と少しの食糧を持って、約10キロのコースを歩きます。

f:id:biscuitroom:20170723175014j:plain


駅からの参道は、昔ながらの商店街のような雰囲気で、たくさんの土産屋さんが軒を連ねています。

カラフルな食品サンプル

f:id:biscuitroom:20170723175040j:plain


とびきりゴチャゴチャしたおもちゃ屋さん

f:id:biscuitroom:20170723175101j:plain


昭和で時が止まってるような街です

そして、驚くことにずーっと上り坂です。

前から降りてきた女の子が鼻にティッシュを詰めていました。

かわいそうに、確実にのぼせて鼻血ブゥでしたね


ノスタルジックゾーンを抜けて

段々人が少なくなってきました

が、まだ住宅街です。

&凄まじい上り坂です。


森の番人でも住んでる?

f:id:biscuitroom:20170723175324j:plain



トンネルの向こうは不思議な町でした?

f:id:biscuitroom:20170723175410j:plain

怪しさonlyですけど


見えてきた、案内板

f:id:biscuitroom:20170723175505j:plain

あの時間のあの暑さでハイキングしてる人は、

最後まで自分以外にいませんでした笑


自分でも熱中症にならないか心配になってきて笑、ゆっくり進むこと約1時間

ずっと登り坂で息は上がるわ、汗でリュックはビショビショだわで、なんとか山道へ入りました。


こんな傾斜続きます、、

f:id:biscuitroom:20170723175241j:plain


そらイノシシもでますよねぇ

f:id:biscuitroom:20170723175559j:plain


草刈りしながら前から下りてきたおっちゃんに声かけられました

「今から?どのコースでいくの?」

「摂河泉コースで額田まで行こうと思ってます」

「ありゃりゃ、気を付けてねー」


やはりこの時間からは無茶だったかな…

と思いつつもう引き返せないので、とにかく進みます


こういう空間は癒されます

f:id:biscuitroom:20170723175737j:plain



涼しいーー

ような気がするぅ笑

f:id:biscuitroom:20170723175822j:plain


人っ子一人いないハイキングコースを

一人で歌いながら歩きます


f:id:biscuitroom:20170723175907j:plain


途中(自分なにしてんねやろ)って思ったら笑けてきて、何で今日山登ろうと思ったのか考え始めました


理由は心のリハビリです笑

何もかも忘れて無になって

山の空気吸って、

自分の悩みってちっぽけやなぁと

思いたかったのです。

とりあえず緑が見たかった!!


f:id:biscuitroom:20170723175938j:plain


マラソン集団とすれ違い、かなり圧倒されました…

ゼェゼェいって歩いてる自分って

未熟者やなぁって笑



突然現れた、ひらけた景色は

f:id:biscuitroom:20170723180011j:plain

自分の居場所を気付かせてくれました

この後色々ミスって、後にも先にも

綺麗な景色はこれが最後となりました(想定外)





16:30頃、枚岡駅までの案内が見えてきました




…?





ん?



私が目指してるのは、額田駅…





枚岡駅ってどこ!?



…間違えたっ!!!



枚岡駅まで行っても良かったけど

コースが頭に入ってないから

ただでさえ頭に入ってないのに、

携帯もちょこちょこ圏外やし

さらに迷いそうで、もときた山道を戻ります(^^;

f:id:biscuitroom:20170723180221j:plain


時間も時間なので、山道を若干走ります笑

結局走るんかい!!



摂河泉展望コースに向かう途中で

紫陽花ロードを通ります。


f:id:biscuitroom:20170723180247j:plain


ピークを過ぎて枯れかけた紫陽花

木が高くて、太陽があまり差し込まない道は

薄暗くて不安を煽ります


f:id:biscuitroom:20170723180310j:plain

写真やと結構明るいな…



このあたりから大量の羽虫が

私の全身を取り囲むことになります


払っても払ってもブーン

ダッシュしても数秒後にブーン

一人でパラパラ踊ってるかのような

手の動きをずっと続けていました




額田駅の案内が見えてきました

よし!!あと少し

この時点で17:30


廃墟のような、見るからに今は使用してないようなお寺が周りに増えてきました

石仏も心なしか不気味に見えます

まだ太陽は出てるのに薄暗い道


心に余裕がなくなってきて

写真があまりありません笑

一応撮ってはいたんですが、

適当に撮影したので全部ブレブレでした…

なにやってんねん…




展望コースなのに、

全然見渡せるような景色ないけど笑!?

私の不安は募る一方です。


何故か外灯がついています


やめてやめて笑!!


はっきり言います、怖いです





本日2回目、道に迷う。





〜良からぬことを考え始める〜

水とお菓子と携帯の充電器はあるし、

明日は日曜やし、

天気も良いから山の中で一晩明かせるかな…




最悪野宿やなー

生駒で遭難は恥ずかしいなー

なんて考えながら突き進んでいると、


長尾の滝に到着。


f:id:biscuitroom:20170723180603j:plain


…完全に間違えたことが発覚笑



もう引き返せないので

下る下る…


聞こえるのは自分の鼓動と息づかい

羽虫が飛び回る音

ジメジメした薄暗い森が

私の恐怖心を募らせていきます


遅くても18:30にはこの山を出たい…



て思っていると、

眼下に街が見えてきました!

一気にテンションあがる

f:id:biscuitroom:20170723180631j:plain


ホッとした瞬間力が抜けて、

津波のような空腹と睡魔がやってきました

最後の力を振り絞り

住宅街に出て額田駅に着いたのが18:15


なんだかんだ4時間歩きました


あとで調べたら私が通って来た道は

霊山?らしく

昼間も薄暗い山道で

普段からあまり人が立ち寄らないみたい

なんでそんなとこに紛れ込んだのか笑


生駒山さん

ご近所やからって、あなたをなめてました

ごめんなさい。

次回はちゃんと調べて準備していきますのでお手柔らかにお願いします(^-^)




以上

真夏のハイキングでした






花火大会☆伊勢神宮☆

7.15(土)伊勢神宮の花火大会に行ってきました。

彼氏とです!!

好きな人と花火を見に行くのが夢でした…

27歳の夏、叶いました。


大阪から約2時間半のドライブです

歌ったり、新喜劇見たりしながら

あっという間に三重に入りました


近くの駐車場に止めると

帰り地獄を見ることになると判断し、

一駅隣の駐車場に止めて

会場まで歩くことに。


漫画でしか見たことがないような

一面緑の田んぼ道を

炎天下の中歩きました

34度。滝汗。


1時間ほど歩いて会場到着

川べりが階段になっていて、

周りは人だらけです。



打ち上げ開始まで2時間

ここで待ちます


f:id:biscuitroom:20170718191656j:plain


特に何をするでもなく、ボーっと待ちます

彼との時間を1分1秒無駄にしたくなくて 

相棒が寝ている時も、私は起きて待ちます

眠たくてもいつも我慢してしまいますw


そんな時間はあっという間に過ぎます

いよいよ花火打ち上げです…



まだ少し明るい19:30


f:id:biscuitroom:20170718193007j:plain


この頃にはだいぶ涼しくなっています。



周りはみんな携帯で写真撮りまくってましたが、私は体で花火を楽しみたくて笑、

あんまり写真を撮ってません笑



とりあえず記念に、と思って

数枚撮りましたが

あまり綺麗ではないです


 


f:id:biscuitroom:20170718193127j:plain



隣に好きな人がいて

花火を一緒に見れて

幸せすぎます。

最高か。


f:id:biscuitroom:20170718193619j:plain



しょっぱなから、いきなり

ただののろけブログになってしまいました  

モウレツ反省です。


帰りは、

朝の満員電車並みに混んだ屋台ゾーンを

すり抜けて、カエルの大合唱を聞きながら

また1時間歩いて帰りましたとさ


次はどこの花火大会にいこうかな…笑





















Thank you...